欧州サッカーにおける「意外性」の変遷

宣伝記事になっちゃいますが…

サッカーのデータ分析サイト”Football LAB“で、論文解説記事を書きました!

今回紹介した論文では、過度な収益化やチーム間の格差が試合にどのような影響を与えているか調査を行っています。

V. M. Maimone et al. “Football is becoming boring; Network analysis of 88 thousands matches in 11 major leagues.” arXiv:1908.08991 (2019).

この論文の特徴は、機械学習(≒AI)の手法を使ってサッカーを分析したことです。

近年はスポーツ業界におけるデータ分析・機械学習の躍進が著しく、黎明期を越え成長期に入りつつあります。

今後はスポーツ業界でもテクノロジー関連のスキルが当たり前に求められる時代になっていくかもしれません。

今回の記事を通じてテクノロジーに少しでも興味を持ってくれると、私としても大変嬉しいです。

残念ながらこの場では記事の内容まで紹介することはできないので、「サッカー x データ・AI」に興味のある方は、ぜひ上記リンクからご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です